混沌の渦(怪我が治らない)
 
書き捨て御免で突っ走ります
 



〈小市民〉シリーズ~米澤穂信

春期限定いちごタルト事件
夏期限定トロピカルパフェ事件
秋期限定栗きんとん事件 上下

 一気に読破しました。
〈小市民〉を目指して静かに生きようとする小鳩 常悟朗と小山内 ゆき。まぁ、なかなかそうはうまくいかないようで。
 昔、図書館に1巻(春季限定~)あって読んだことがあったのですが、「氷菓」のアニメ化をきっかけとして〈古典部〉シリーズを読み、その流れで探して一気に読みました。

 すでに読まれている方はご存じでしょうが、冴えた推理を見せる小鳩も凄いですが、やはり小山内さんの行動力というか、罠(?)の張り方が凄くて、そこに痺れる憧れるぅ、みたいな(何)

 よくよく考えると、このお話ってなんだかんだで小山内さんが中心で回っているような。まぁ、いいですけど(笑) って、小鳩の一人称で、起きる謎を小鳩が解明していくから後追いになるのはしょうがないのでしょうが。

 ここからネタバレ含むので要注意を。

「春」で互恵関係が上手くいってましたが、「夏」で小山内さんのせいで二人の関係が終了してしまいます。「秋」で二人とも別々の「恋人」が出来てすれ違いだらけでしたが、小山内さんの行動を読み切った小鳩と、小鳩の推理を信頼していた小山内さん。
 ……やはり普通の人間では相手にならないようで。

 私も「秋」の最後の一言に打ちのめされた一人ですが、そうすると色々妄想しちゃうわけで。

 あれかなぁ。小鳩が(それこそ小山内さんの「相手」ができそうなのは彼だけなので)本気で知恵を駆使したとしたら、小山内さんは「許す」んだろうか?
 それとも逆に小山内さんの方から…… とか。

 まぁ「付き合ってください」と普通なら一言で済むことにたくさんの言葉を費やさなければならない二人。そういう状況になったらどうなることなのか。

 最後のお話になる予定の「冬季限定~」
「秋」で1年経過させて二人とも高校3年生に。そういやぁ「春」が1年生の春で、「夏」が2年生の夏休み。意外と時間が経過しておりました。
 無事に卒業できるのか、それとも卒業をあっさりスルーしてその先の話になってしまうのか。

 とにかく続きが気になってしまう一冊です。



7月19日(木)01:45 | トラックバック(0) | コメント(0) | 読書感想文 | 管理

コメントを書く
題 名
内 容
投稿者
URL
メール
オプション
スマイル文字の自動変換
プレビュー

確認コード    
画像と同じ内容を半角英数字で入力してください。
読みにくい場合はページをリロードしてください。
         
コメントはありません。


(1/1ページ)


FX自動売買 | 恋活 | 家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック
本のバーゲン | 地震速報機 | パスキット | さくらのVPS | じゃらん♪