混沌の渦(怪我が治らない)
 
書き捨て御免で突っ走ります
 



なんとなく独り言

最近、

 仕事が忙しくて(今も就業時間中です)なかなか時間が取れないので、合間合間を見てライトノベルを読みまくっています。
 最近読んだのが
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」
「パパのいうことを聞きなさい!」
「迷い猫オーバーラン!」
「生徒会の一存シリーズ」
「C3-シーキューブ」
「機巧少女は傷つかない」
「這いよれ! ニャル子さん」
「僕は友達が少ない」
 などなど。
 今は古典部シリーズをちょこちょこ読んでおります。

 最近、読むのが遠ざかっていましたが、やはり読むと面白いですし、刺激になりますねー
 気が向いたら感想とか書くかも知れません。

 まぁ、でも登場する女の子が可愛いとそれだけでわくわくしますよね?(同意を求める目)



7月6日(金)23:44 | トラックバック(0) | コメント(0) | なんとなく独り言 | 管理

「みんな社会が悪いんだよ」と嘯いてみる

 本文とタイトルはあまり関係ありません

 ところで、政治家は何かあったら「政治生命を賭ける」なんて言いますけど、そんなの賭けられてもなー って気が。
 別にその「政治生命」とやらを絶たれても死ぬわけでもなし、いきなり路頭に迷うわけでもなし。百歩譲って大臣とか総理とかそーゆーの辞めて、一政治家になるくらいですかね?
 なんかこー 小学生が「命賭けるぞー」くらいにしか聞こえないのですが。

 大体、今選挙になったらその大事な大事な政治生命、半分くらい失うでしょーに(笑)
 なんかこー やはり自分たちがどこか「偉い」と勘違いしてるのかなー とも。

 一応憲法で「職業選択の自由」を保障しているので、私も政治家にしてください。そうしたら変わります!
 ……自分が(笑)
 朱に交われば何とやら、と言いますが、仮に政治家とかになってウッハウハ(誇張)になったら価値観とか変わっちゃうに違いありません。ああ、そうさ。私は偉いのだよ! と(笑)
 やっぱりそれだけ「美味しい」んだろうなー

 私も甘い汁をちゅーちゅー吸いたいものです(笑)



6月11日(月)16:43 | トラックバック(0) | コメント(0) | なんとなく独り言 | 管理

ただの駄文

 黒猫もいいけど、あやせもいいなー 怖いけど(笑)

 ……と、ニュースになってからいわゆるマスコミとネットの温度差が感じられて、しかも結構身近な話題なので関心の高い人が多いのかなー と。
 そう、生活保護。

 もらえる物なら欲しいですよねー 今家帰ったら基本的に寝るだけ風味なので、とにかく時間が欲しい!
 元々、仕事しなくてもええなら仕事したくないのですよね。時間ができたらとにかく書きたい、みたいな?

 あ~あ、3億円でも当たらないでしょうか。
 あ、そうそう。最近理不尽に思っていることなんですが、宝くじって何で買わないと当たらないんですかね? 買って無くても当たったっていいじゃないか!(よくねーよ)

 まぁ、出来れば宝くじで余生を送れるようになりたいものです。
 きっとそっちの方がお天道様に顔向け出来そうですし。



6月5日(火)01:03 | トラックバック(0) | コメント(0) | なんとなく独り言 | 管理

ああ、何もかもが懐かしい……

 最近、忙しくて執筆のペースがモデム並になってしまったので、ブログで頑張ろう、とちょっと考えてみた。
 ……ブログなら会社でも書けるしね(マテ)

 と、最近、ライトノベルづいてます。
 本読む時間もダラダラしていましたが、そーゆーわけにもいかんだろ、と文章力(ちから)をチャージするためにいくつか読み出したのですが、う~ん、やっぱりしっかり読んでおけばよかった、と。

 いわゆる「タイトルが台詞っぽい」のをドコドコと。

 パパのいうことを聞きなさい!
 僕には友達が少ない
 俺の妹がこんなに可愛いわけがない
 這いよれ!ニャル子さん などなど。

 アニメにもなっているんで、こーゆーのを読むと見たくなっちゃいますよねー フィギュアとかも萌え萌えですし(笑)
 ニャル子さんは別ですが、最近はセカイ系や非日常系が減って、日常系が多いような気がします。
 きっとそーゆー時代なんでしょうねー 等身大のキャラクターがよいのでしょうか?
 いや、否定はしませんよ。空ちゃんとか黒猫とか萌え萌えですし(笑) 残念な人たちはびみょーに決めかねめすが(何)

 まぁ、とりあえず何年かぶりの駄文です。
 少しずつ「書く」ことを常習化できるようにしたいです、はい。



6月1日(金)19:45 | トラックバック(0) | コメント(0) | なんとなく独り言 | 管理

大した話じゃないですが、

 以下は一個人の感想であり、世間の「常識」とは違うかもしれません。そのことを前提でお読みください。

「ここから離れたくない」というのはどれだけ人の「権利」なのでしょうか?
 生まれ育った土地に住んでいたい、というのは誰しも思うことなんでしょうか?

 私事で恐縮ですが、小さいころは転勤族、って奴で、5歳と小学校二年生で引越し。高校時代の半ばで実家が引越し。このときは家から離れて高校に通ってました。
 その後、実家は2回ほど引越ししましたが、そのころはすでに一人暮らしだったので「ふ~ん」程度に。
 だからいちおー「実家」はありますが、幼少のころすんでいたわけでもなく、自分の部屋があったわけでも無し。「実家」に帰ってもどうもお客様で落ち着きません。
 自分にとっての「実家」はオンボロながらも自分の持ち物ばかりの、猫が3個ほどゴロゴロしている「我が家」しかありません。
 中途半端な時期に引越ししているので、将来を誓い合うような(笑)「幼馴染」もいませんし、それこそ「故郷」ってどこだろう、みたいな感じではあります。

 そーゆーことがあってから、今の家に落ち着くまであんまり住居にはこだわりがありませんでした。まぁ不便なら引っ越せばいいJAN! みたいな。ただ本やおもちゃがやたらとあるので、引越しを考えるとちとうんざりしますが(笑)

 さて、よくTVで「限界集落」とか「地方医療の問題」とか、それこそ今話題(?)の「米軍基地問題」とかやっています。
 最後に関しては別の思惑があっての騒ぎだと思うので同列に語るのもどうかとは思いますが、それでも「不便(or危険)なら引っ越せばいいんじゃね?」と思うことがあります。
 どんな土地にも住むにあたってのメリットデメリットはあります。
 それを踏まえて「ここに住みたい」と選んだからにはそのメリットデメリットを受け入れるべきじゃないでしょうか?
 自分ではどうしようもできない理由でその場所にすまなければならない、って人間が世の中にどれだけいるのでしょうか?

「ここから離れたくない」と言う一方で、「○○だから不便なのでどうにかして欲しい」と言うのはどうなんでしょうか?
 逆に都会に住んでいる人が「家賃が高いから安くしてくれ」という希望とどこか同質ではないでしょうか?

 東京に一時期住んでいたのですが、その時は線路&踏切がそれなりに近くて、夜中の1時くらいまでカンカン鳴っていたりしました。
 それでも住める人は住めるし、住めない人は住めない。でも線路から離れれば当然駅から遠くなり「不便」でもある。逆に不便に耐えられないなら、その不便をいかに乗り越えるかを考えるべきじゃないだろうか?
 それこそ年をとったからとか、子供だからという問題でもないような気がします。

 何を言いたいのか分からなくなってきましたが、きっと自分の中に「生まれ育った土地」とか「幼馴染」とかいる人がどこか羨ましいのかもしれません。



6月11日(金)13:34 | トラックバック(21) | コメント(0) | なんとなく独り言 | 管理


(1/5ページ)
>1< 2 3 4 5 最後 

家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機
パスキット | 楽天市場 | FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪